鋼から削り出して行き  
   
焼き入れ焼き戻し ネジの溝も研磨し
   


  スワンネックが無い為に新規製作となります。

  生の鋼から削り出して行きネジ穴などを開け、形状、厚み等々を整え製作して行きます。

  その後、同時に製作して行きました調整用の長いネジなども焼き入れ焼き戻しを行い形を整えます。

  スワンネックの大きさ厚みなどが合いませんと、見た目にもバランスが悪くなりますので、
  ここは慎重に製作しなければなりません。

  鏡面研磨、ネジの溝なども磨き、クォリティーを同じレベルにし完成となります。