研磨前の頭、傷が多々見られ溝も潰れています。

 研磨最中。

 研磨途中、傷が消える微妙な所で一旦終了。

 鏡面出し。

 鏡面出し及び溝を整えて終了。


   ネジ頭の研磨を施した画像となります。
   懐中時計の長い歴史でありますので、途中に何度もネジを外しては締めてを繰り返すうちにネジ頭は傷が付いてしまいます。

   この様な事は普通に致し方ない事ですが、時計機能には全く影響が無く、美観の問題のみとなります。
   研磨をするにあたり傷を消す為に頭を削り過ぎますと、ブリッジなどと高さが微妙に合わなくなる事が稀に有りますので
   気を付けなければならない所です。