加工された心臓部  天真の長さ太さ等々合いません
   
 旋盤で天真のカシメを外します  
   
   質の良くない天真
   
 旋盤にて新規製作  
   
 仮に取り付け  
   
製作途中   
   
 製作後の比較  
   
   
   
   
   
   

   スイス製、超高級懐中時計の天真修理依頼です。

   以前の修理でシェラックを使用した際に火を直接あてたのでしょうか、アームに変色が見られ天真も加工等々が見られます。
   ホゾの径、長さも合って無く、時計の心臓部ですので天真交換修理は必須です。

   厳密に寸法を合わせ旋盤にて新規製作をし、研磨を施し取り付けた後に最終的な調整を施し完成。

   これで本来の性能を発揮してくれますので、安心してこれから先お楽しみいただけます。