駄目なのは一目瞭然ですね  
   
  四角の穴を開けます 

 
  悪くなってしましました歯車の新規製作です。

  鋼を元の部品と同じ大きさに削り、その後歯をカットして切り取ります。
  この時に大きくても小さくても周りの部品に関わって来ますので完璧さが必要。

  その後完璧な四角の穴を開けます。 四角の穴の位置も重要なのは当然、中央でなければ使用出来ません。
  開け方は、鑢ででは無く部品を別作してです。 詳しくは開けると言いますか。。。ご想像ください。

  穴の大きさも言うまでも無く非常に重要、元軸と完全に一致しないと緩みます。
  この緩みは長年使用して行きますと、穴が大きくなり最終的には軸も再作成の可能性もありますので
  完全に一致させることが理想です。

  焼き入れ焼き戻しなどを行い、元の部品と同じ様に研磨を施し完成となります。

  これで完璧に復活ですね。