ハンターケースの文字盤側に在ります、リフトスプリングが壊れていますので新規製作です。

   鋼から削り出して行き、焼き入れ焼き戻しを行い、ネジ穴を開けて完成となります

   簡単に書いておりますが、バネの強度、長さ、ヒンジのパイプに当たる角度、等々直ぐには製作出来ない部品。

   蓋を開けた時に勢いが強すぎても弱すぎても駄目です。

   懐中時計では当たり前ですが、経年の為にスプリングの当たる所が擦り減っている、もしくはスプリング自体が弱っていたり擦り減っていたりなどが見られます。