中央部の極小ピンが折れております  赤い矢印先
  超極細 
0.13mmのピン先 元の部品との比較 
   
   

  古い腕時計の極小部品を製作しました。

  ピンが折れておりこのままでは脱進しませんので製作は必須です。

  ピン先は約0.13mm、爪楊枝先よりも遥かに小さく細い。

  部品を慎重にアンクルから取り外し、旋盤にて同じ部品を製作し取り付け完了となります。

  極小部品で研磨などを施しますので非常に手間のかかる作業となりますが、再び脱進しますと良い物ですね!