折れてしまった部品  
鋼をやすりで削り出して行き  
  同じ部品を製作して行きます
  厚みも整え
   
研磨をして行き  
  穴も整え
  取り付けては外し


   ミニッツリピーターのゴングを抑える部品が折れてしまっておりますので新規製作となります。

   生の鋼から同一に削り、厳密に穴を開けて行きます。

   この穴の位置は完璧に合わせなければなりません。 小さいほうの穴で0.2mm。
   これがずれますと修理の意味が無くなりますので、完璧さが大事。

   少しずつ作業を行い、焼き入れ焼き戻しをし、更に薄く削り研磨をし完成。

   やすり掛けでは何時でも加減が大事となります。

   そしてバネの強さも重要、これが強くても弱くても鳴りに影響が出てきますので
   最後の画像の様に、何度も何度も取り付けては外しの作業を行います。

   クォリティーなど同一に製作し、修理が行われていないと見られれば完成。