女性用の綺麗な1900年前後の時計。                          不動品、ゼンマイは完全に巻かれた状態。

  ケースから外した所、シリンダー脱進機ですね。

  文字盤を外し日の裏の画像、汚れの多い事。

  分解した所、これから不動の原因を探して直していきます(勿論分解途中も見て行きます)

  受けのルビーに汚れが見えます、油も時計用ではないですね。 いけません!

  綺麗に洗浄した後、上の状態とは違います、ビフォーアフター。

   ん〜傷とか汚れが多々。 ヒゲゼンマイも少し歪んでいて。

  洗浄等を終えて組上げた所。 気持ちよく回転しますね。 分解途中では回転も重かったので、ふ〜です。

  テンプを組み込み元気に動きだしました。

  完成です!
 

 スターリングシルバー スイス製 36mm シリンダー脱進機

  今回不動の症状としては、穴石の固着、違う油の影響、ヒゲゼンマイの歪み等々いろいろありました。
  ただヒゲゼンマイは若干の修正だけでしたので回復可能で良かったです、多くは修正不可能でこのタイプのヒゲゼンマイは弱く修正途中に切れてしまう
  可能性が高く慎重に進めなければなりません。

  メーカーは不明ですが非常に可愛い時計ですので動かないのでは可哀想です。 文字盤にもヘアーラインも無く普段使いに良いかもしれませんね。 

  当店では勿論必要であれば修理、パーツ作成も致します。

  
  表紙