リバーサイドマキシマス1888 旋盤にて製作 
  中をくり抜き
  各部の製作途中
研磨途中 仮組 
最終研磨 ガラスをはめて 
完成 横から
昔ながらの製作方法


 中蓋をシースルーバック仕様に出来ないかと、お問い合わせが偶にあります。
 今回はリバーサイドマキシマス1888、コインシルバーケース。 スターリングシルバー925を使用し
 シースルーバック仕様に致しました。

 何と言いましても1888リバーサイドマキシマス。 抜群の機械ですのでシースルーバックにしますと流石に良いですね。

 オリジナルの中蓋とヒンジを残しておけば何時でも元に戻せます。
 新しく制作した物にはヒンジを付けても、また付けなくても全く問題ありません。

 今回はこのような方法で製作して行きましたが、昔ながらの角線の棒から製作して行く方法もあります。
 何れにしましても、その時々の判断で製作するのがベストです。

 改めて見ましても、リバーサイドマキシマス1888は最高ですね!